王室御用達 1 / 王家の紋章 ~The Netherlands Food StyleVol.13

The Netherlands Food Style

王室御用達について 1 /

600社もの王室御用達企業 と 王家の紋章

王室御用達について (on The Eating Style)

王室御用達について(on Kitchen Garden)

 

 

 

 

600社もの王室御用達企業が軒を連ねます。
2022年4月、オランダには王室御用達の業者が約640社あり、そこには100年以上の歴史を持つオランダのファミリービジネスが見事に集まっています。花屋からオルガン職人、シロップ工場から肉屋、ピアノ会社からビール醸造所まで。王室御用達は、感謝、品質、職人技の証であり、誇るべき称号なのです。

 

 

王家の紋章
オランダ王国の紋章(国章)とオランダ国王の紋章(王章)は、1815年のオランダ王国成立以来、同じものです。1907年に紋章が変更され、1980年4月23日の王令により、ベアトリックス女王即位の際、変更され、今に至ります。

1907年以来、王家の紋章は、金色の昇り獅子と伯爵の冠が特徴で、ブルーの背景(フィールド)には、金の縦型の矩形がちりばめられています。紋章学では、ちりばめるという言葉は数が固定されていないことを示すもので、一部の矩形も完全に描かれていないものがあります。盾を持つ2頭のライオンの横顔が描かれています。紋章には王の王冠も配してあります。紋章の下に付けられたリボンには、‘Je Maintiendrai(我、守り続けん)’というモットーが書かれています。

 

1907年7月10日の勅令(Stb.181)により、王家の紋章(国の紋章でもある)が修正されました。盾の中に描かれたライオンも、盾を持ったライオンもそれ以前はすべて王冠を被っていましたが、紫色の天蓋に覆われたとき、追加された紫色のエルメスの裏地のマントが王冠となったため、王冠を被らなくなりました。さらに1907年以前は、ライオンは横顔ではなく正面からの顔でした。

 

象徴的なもの
盾に描かれたライオンは、剣と7本の矢の束を携えています。ライオンはNassau(ナッサウ家)の紋章から、剣と矢の束はStaten Lion(オランダ統一共和国時代に州総督の紋章に描かれていたライオン)から取られたものです。Staten Lionは、オランダ共和国時代の州総督の紋章にあったものです。矢は7つの地方を象徴しています。矢は協力の象徴でもあります。個々の矢はもろいですが、まとまれば大きな力になります。王冠とマントが、Oranje-Nassau(オラニエ・ナッサウ家)の王としての威厳を強調しています。

 

Je Maintiendrai(我、守り続けん)
Je Maintiendrai(我、守り続けん)は、オランダ総督William I世(ウィレム一世)(通称:オラニエ公ウィレム)以来、オラニエ・ナッサウ家のモットーとなっています。彼とオラニエ公国は、従兄弟のRené van Chalon(ルネ・デ・シャロン)から受け継いたのでした。そして1815年、ウィレム一世がこの標語を王家の紋章に採用しました。

 

 

 

 

 

 

世界中から毎日届く世界の「食」最新情報

 

 

 

Kitchen Garden