VALLILLO のパスタ~VALLILLO Vol.4

VALLILLO Vol.4

VALLILLO Vol.3 No.2 VALLILLO のオリーブオイルはこちらに。

 

 

*画像をクリックするとイタリア / VALLILLO のホームページへ飛ぶことが出来ます。

 

 

届きました。

Vallillo より、パスタの情報です。

 

 

 

Vallillo パスタ

 

私たちと私、Defronzo & Vallilloは*タヴォリエーレ地方と*ダウニアの間で育ちました。

その土地の目の前に大きく広がる、ただただ素晴らしい風にそよぐ麦の穂の魅力に抗うことが出来ず、私たちの名前にふさわしいパスタに仕上げることを思いついたのです。

 

 

*Tavoliere(タヴォリエーレ地方):

マンフレドニア湾を見下ろすイタリアの平野。

平坦地と起伏地が混在し、池や湖沼(低地や海岸線沿い)、隆起や緩やかな丘(主に〈アペニン山脈の足もと〉)が広がる。

プーリア州北部に位置し、国内ではポー平原に次いで面積第2位。

プーリア台地と呼ばれることもある。(Wikipedia より)

*Daunia(ダウニア):

プーリア州北部、フォッジャ県にあるコムーネ。

 

そして、地元の農家との協力により、*セッラカプリオーラの小麦は、「土地から食卓まで」という非常に短い生産チェーンの一部となりました。

*Serracapriola(セッラカプリオーラ):

プーリア州北部、フォッジャ県にある*コムーネ。

*コムーネ:

イタリア語で「共同体」の意味を指す用語であり、現代ではイタリアの自治体の最小単位の組織(基礎自治体)である。(Wikipedia より)

 

 

「Vallillo は、私の土地がどこにあり、何を蒔き、どのような肥料を入れ、、そうすればどれだけの小麦を収穫できるかを知っています。

そして、この小麦を使ったパスタを世界中に広めることを目指しているのです。」

と、地元の農家の一人は話します。

 

 

我々の土地はオリーブや小麦に最適な土地ですが、農家がそれで生計を立てるのは難しすぎます。

でも我々Vallillo ファミリーに加わることにより、– 我々は仕事で稼ぐことの大切さを理解しています — その我々の役割を理解して初めて、農民たちはこの土地で働き続ける自信を手に入れることが出来たのです。

 

見通しの立たない市場からセッラカプリオーラを復活させる必要性に気づき、そのことが我々の土地の発展に貢献するため、土地を手放さないで済む。

これが、地元農家の娘や孫たち、新しい世代の目標です。

 

 

 

私たちの畑では、高タンパク質の穀物を栽培しているため、添加物を一切使わない純粋なパスタを作ることができます。

今は8種類の形状のパスタを生産していますが、新しい製品でさらにパスタの生産量を増やしたいと思っています。

 

 

今、手に入るパスタ達です。

Spaghetti (long-shaped pasta)
Spaghetti alla chitarra (long-shaped pasta)
Linguine (long-shaped pasta)
Fusilli (short-shaped pasta)
Penne rigate (short-shaped pasta)
Casarecci (short-shaped pasta)
Mezzi paccheri (short-shaped pasta)
Rigatoni (short-shaped pasta)

 

 

どうぞ楽しみにしていてください!

 

– – – – – – – — – – – – –

 

次回からはそれぞれの形のパスタについて教えてくださるそうです。

(いつか料理とレシピも教えて欲しいです。)

本当に楽しみです。

 

 

本日もどうぞお気をつけて。

 

 

 

世界中から毎日届く世界の「食」最新情報

 

 

 

Kitchen Garden