本日は MANGO LEMON FRUIT BUTTER のご紹介~suan’s Vol.2

suan’s Vol.2
本日は MANGO LEMON FRUIT BUTTER のご紹介。

suan’s ロゴ.png

Suan’s ペッパーソース アメリカ Kitchen Garden キッチンガーデン.jpg

*前回、直接サンプルが届いたと書きましたが、(届いたのは直接ですが、)アメリカの食品輸出協会経由依頼によるのサンプルです。
 なので、正式に日本でのインポーターを探し、販売先を探されています。

MANGO LEMON FRUIT BUTTER

Suan’s ペッパーソース006.jpg

商品名にはMANGO LEMON FRUIT BUTTERの文字が。
勝手に甘いフルーティーなフルーツスプレッドみたいなものかと思っていました。

そうしたら、、違うのです。
辛い!
(辛いといってもとても良い辛さです。なんというか、、程よい深みのある辛さというか。)

そもそものこの食材を勘違いしていました。

suan さんはこのブランドのオーナーで、女性の方。
直接ZOOMでこの方と話をしました。
(とても素敵な方でした!少しウエールズのHalen Mon アリソンさんに似ていました。)

そもそもこの suan’s ブランドの食材はジャマイカのハバネロ唐辛子の一種、 Scotch Bonnet Pepper(スコッチ ボネット ペッパー)が使われているそうです。
彼女はジャマイカに住んでいる時にこの唐辛子の使い方を習い、様々なフレーバーや食感を組み合わせで、
jelly(頂いたものは、見た目はゼリーのようなもの、ジャムのようなもの、スプレッドのようなもの様々ありました。)を作りました。

これが suan’s の食材なのです。

だから辛くて当たり前。
知らずに食べたら驚きましたが、よく読んで食べると納得。
フルーティーさに程よい辛さです。

まさに肉料理のソースにもってこいです。
特にラムチョップに合いそう。
シンプルに塩・胡椒してソテーしただけ(又はオーブンで焼いただけ)のラムチョップにこのソースをたらりと。
(甘さがもう少し欲しい時は蜂蜜をさらにプラス。
 クミンなどの香辛料をさらにプラスしても良さそうです。)
これだけで完璧な他では味わえない一品の完成です。

なかなか日本では見られない食材。
味も食材の組み合わせも奥深く。
他の種類も楽しみです。

Kitchen Garden

Kitchen Garden 14周年.png